秘められたゴールドカードの正体|メリットが盛沢山

安全に利用できる仕組み

ATM

貸し付け金額や金利

キャッシングとは個人向けのフリーローンのひとつで、無担保で利用できる点から人気があります。なぜ無担保なのかというと、信用をもとにお金を借りるという仕組みになっているからです。キャッシングは、職および収入が安定していて、借りたお金を返済できる人のみが利用できるサービスなのです。もっと言えば金融機関は、個々の1年間の収入から無理なく返済できるような金額のみを貸し付けします。返済に困るような金額の貸し付けはおこなわれないので、そのためキャッシングでは、比較的スムーズに返済できると言えます。だからこそ、返済できなかった場合に差し出す担保が、最初から必要とされていないわけです。具体的にはキャッシングで貸し付けされる金額は、最大で年収の3分の1ほどとなっています。特に消費者金融では、法律によってこれが貸し付けできる上限とされています。つまり年収の3分の1という金額は、個々の無理のない返済が可能と国が認めている金額ということです。したがってキャッシングは、法律に守られているサービスと言えるのです。さらに金利も、高くなりすぎないようにと、法律で上限が定められています。具体的には、借り入れする金額にもよりますが、15〜20%ほどが上限とされています。これよりも低い金利を設定している金融機関も多く、低いほど返済時の負担は少なくなります。そのため安全に利用しやすいということで、多くの人が安心してキャッシングの申し込みをしています。